Silver_Field 2nd season

東方厨の気まぐれ更新ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創作のお話。

チャンプさんが創作の話でスケールの話題があったのでのっかってみる。
Let's無断リンク(ぉぃ
ttp://zenon.jugem.cc/?eid=3523

ちなみにこの場合のスケールってのは言うまでもなく面積の話じゃないです(ぉ
まあ、世界面積が広いほうが壮大には見えるかもしれませんが。

けど、例えば私たちのよく知る地球の三倍の面積を持つ世界があったとしても、10%が砂漠で20%が森林で30%が海で……だと、別に壮大でもないとは思いません?
そういうお話ですw


じゃあ「壮大な世界」とはどんな世界か。
私が思うに、きっとそれは「地形の全体を眺めた図」の大きさではなく
むしろ「個人単位を見た図」の大きさが関係すると思うんです。

何を言いたいかというと、「○○という国に××系の民族の人たちがいます」
という世界より
「○○という街には頑固親父のパン屋があって、××パンが名物で……向かいには△△があって……」
という世界の方が、面積単位は狭くてもスケールが大きいと思うんです。

つまりその世界に住む人々、一人一人の情報……もっと言えば人生のすべてが刻まれている世界、それが「壮大な世界」なんじゃないかと。

もちろんお話の中でそれらは語る機会はありません。
無駄に長くなるだけですからw
でも、設定しておくんです。
するととくに語ってるわけでもないにその設定が顔を出すんですよ。
そういうのがいくつも、いくつもある世界はスケールがでかいと思います。

……とは言っても簡単なことじゃないんだけどねw
チャンプさんの方でも「歴史設定を掘り下げる」ことは不可能に近いありましたが、本当にそうだと思います。
それでもできるとこまで作りこんで行くことが壮大な世界を作ることであり、どのレベルまでそれができるかが創作者の力量なんだと。

名すら表記されないキャラが生きてるのを感じられる世界。
そんな世界を作れたらいいな~


ついでに「面積」の方のスケールについてw
私は以前、自分の創作世界の地図を描くときは「全世界地図」でした。
だけどいろいろなファンタジー作品に触れてあることに気づいたんです。
どのファンタジーも、実は全世界地図は見せられてないんですよね。
たぶん作者の頭にはあると思います。
でもそのお話が動く舞台が「地域地図」の範囲内なんですよね。

よく考えればそりゃそうなんですよ。
飛行機も高速船もない世界で全世界を股にかけて旅できてしまうと、その世界は他の世界の地域地図分ほどの大きさしかない、ちっさい世界になるんだもんw
そう、私は距離という意味でのスケールをぜんっぜん考慮してなかったんですorz
おかげで今あわてて世界地図を作り直してます……(ぉ
銀羽も地域地図で設定しなおさないとなぁ……

で、これってきっとコンピューターRPGから入った人だと同じことしちゃってると思うんです。
ほら、特に最近は高速飛行の乗り物あるしw
昔のだってラー○アとかいるわけだしw
まぁ世界全体は作っておかないとだめですよ?
後付さくさくにすると辻褄がさくさく合わなくなりますから(ぉ
でも物語を作るときは、その中の特定地域を舞台にしないとそれこそ壮大になって作者にすら手がつけられなくなりますw

さらについでに、創作物の世界について思うこと。
全部じゃないですが、割と多くの創作(特にファンタジー)は世界の経済状況が均等な気がするんですけど、どうでしょ?
設定として富豪国家と貧困国家はありますけど、それってあくまで「貧困国家は街がスラム化していて犯罪が絶えない」設定を持ち出すためにつけられてる感じがするんですよw
そして富豪国家はたいていが輸出大国か鉱山・油田持ちw
まぁ現実世界がそういう傾向にあるのは確かだし、一番納得はいく理由だから仕方ないんでしょうけど。
花売りで富を築いた国、とかかなり無理あるしねw
あ、春的意味の花売りならいけそうだけど(コラ

そして経済が豊かな国はたいていが軍事国家でもあるというw
まあ軍備にも戦争にも金かかるけど、現実で言えば軍事大国のアメリカは(一昔前はともかく)経済大国とは言い難くなってますし、実際、軍事に消極的な欧州の国家のほうが経済悪化は最小限です。
国も商業戦略に乗り出すと軍事は手が出ないはずなんですよ。
じゃあ軍事大国の正しい姿はどんなかというと……

国民に重課税を強いて、経済政策は必要最小限、予算の大半は軍備。
植民地多数、経済は植民地でまかなう。

ってのだと思いますw
で、国民の不満大爆発ですね、わかりm(ぁ

とりあえずこんなものですかね……あとは宗教のお話が絡んでくるとよりリアリティ溢れる世界が作れるんじゃないかな~
ファンタジーは宗教を絡め安いのも利点だし。
気になるのは和製ファンタジーの宗教はカルト団体が多くて、いろいろ悪事を起こしてくれることですかねw(ぁ
スポンサーサイト

謹賀新年2010

ティーガーさん。

 sinn.jpg


※クリック拡大

お久しぶりです。
とりあえず新年ということで年賀イラストでも。

最近はmixiばっかり日記あげてます。
こっちもちゃんと手入れないとなぁ……

そんなわけで、新年おめでとうございますw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。