Silver_Field 2nd season

東方厨の気まぐれ更新ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その サブ……デカルチャー!

今日は文章のみで失礼。

まず、以下の記事を読んでいただきたい。
※mixiです。未登録の方はごめんなさい。

【コラム】サブカルの定義って一体なに?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=29&id=724364

と、あと紹介元の記事。
※こちらはチャンプ氏のブログです。
リンク先で[当ブログの内容を含んだ書き込み]はご遠慮ください。
http://zenon.jugem.cc/?day=20090119


えーと、サブカルチャーの一つが通称ヲタ文化なんですが?
チャンプ氏のブログでも華麗に突っ込みはいってましたが。
そのまま記事にしちゃう記者も低レベルだが、この教授ありえないと思います。
大学の先生がそんなんでいいのかしらー。かしらー。


>何でもサブカルになりえるのです。
>ただし、かつてのオタク文化とは紙一重のところで別物。
>例えば両者は、ものの見方がかなり違う。
>アニメをベタに溺愛するのが“オタク思考”なら、
>“サブカル的思考”には、アニメにこだわる自分をネタとして高みから捉える、
>別のシニカルな視点が存在します。

まあ、他を捨ててのめりこむ人もいるし、ネタとして情報収集してるだけの人もいる
という括りは同意しておこう。
が、後者がサブカル的思考とは言いがたいと思うんですが。
しかもその書き方だと単なる嫌味な感じのナルシストにしか受け取れナス。

サブカル的思考って、今どれくらいの人にどれだけ、どんなものが流行っていて、
どんな人がどういうものを望んでいるのかっていうのをつぶさに情報収集して
分析する思考じゃないかと思う。
てかそもそもこの〝サブカル的思考〟って言葉がおかしい気もするけどw

んで、立派にヲタな私ですが
アニメは最近観てないけど絵描いたりするし
サッカーするのも観るのも好きだし
でも軍事関連好きだし
かと思えばギター大好きロック命だし
……etc
な人、多いわけですが。
ヲタ=1ジャンル特化はおかしいでしょJK。
調べ不足にもほどがあるんじゃないかと。
センセー、ネットぐらいできるでしょ?
ヲタブログ1000件回って来いwww


===ここから若干、話の視点変更===

そもそもヲタ、ヲタと言うけれど。
「ヲタ」って括りをわざわざするのは、「俺はあいつと違う」って言うための
盾でしかないですよね。

アニメが好きなやつがヲタなのか?
ゲームが好きなやつがヲタなのか?
漫画が好きなやつがヲタなのか?

どれも違うし、どれも正解じゃなかろうか。
私からすれば

クラシック好きです。クラシックを一日一回聞かないと死にます。
って人も

釣りが好きです。釣りを一週間に一回しないと(ry
な人も

書道が好きです。書道を(ry
な人だって

みんなヲタに見えます。
上のどれも、それ以外の人も、自分が好きなことやってるときは楽しいし
他は顧みなくなるし(程度は個人差があるけど)
それに費やす時間も金も惜しまないでしょ?

一般論で言われてる「ヲタ」ってのは、それがアニメなり漫画なりだっただけのことじゃん。
あれはダメでこれは良いって、そんなの個人の趣向で決めて
それが常識って面するのは差別じゃないか、と。

で、前述のコラムの一文から。

>純文学や哲学、クラシックなどの高尚な“ハイカルチャー”
なんつうか、学者がこういう括りをしてるってのはナンセンス。
学者ゆえ、ではあるけれど。
優劣を感じさせる言葉で括ってしまうのは差別じゃないか。

それにヲタ的な創作物にだって純文学や哲学、クラシックを取り入れたり
影響受けたりしてるものはたくさんある。
むしろ、一種の派生。
それを下等みたいな言葉つけるのはやめてほしいと思う。

つまり彼らの言う「ヲタ文化」ってのは、高尚(笑)じゃない文化のことで、
それらを愛好するものを「ヲタ」(笑)ってことなのかと。


ついでに。
最近の某事件で犯人が「セックルで快楽を与えれば性奴隷にできると思った」とか
言っちゃったらしいですが。
そんな部分をわざわざピックアップして、メディアはヲタ文化排除したいのだろうか。
これでまた「調教ゲーは悪だから規制」と騒ぐ方々がでてくるんですね、わかります。
ま、私としては規制かかったところで害はないけど。
ただ本質的に話が違うんですよ。
調教ゲーやロリゲー、痴漢ゲーがあるからそういう犯罪者が出てくるんじゃない。
そういうのを好み、妄信し、実行してしまうやつがいるって事実は
創作物を規制したところで減りはしない。
絶対。絶対に、だ。
だいたいそういうの規制するなら、ミステリーも戦争映画もアクション映画も
ヤクザ映画も全部規制しろっていうの。
中途半端にわけわかんない括りして「こうすれば犯罪は減る!」とか思うな。


でもあえて個人的趣向、個人的観点で言うと

猟奇志向の創作物消えろ
とかだったりするんですけどね!(ぁぁぁぁ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わは~☆
自分も学問やってるので、敢えてその立場から。

>高尚な“ハイカルチャー”
ハイカルチャーに「高尚な」ってつけてる時点で本来間違ってますよ。
ハイカルチャーのハイは、必ずしも高尚って意味じゃないのです。

こういう記事のせいで様々な言葉が勘違いされるのは、文化研究に従事
している俺からすりゃ大変悲しいッス。

ハイカルチャーのハイって、むしろ歴史的な言葉。
簡単に言えば、本来は「富裕層、上流階級のやることなすこと」を
ハイカルチャーと呼んだわけで。まぁ、これはこれでかなり差別的では
ありますが、必ずしも「高尚」とは限らないのですよ。

とある社会で、そこの支配層に当たる方々の多くがヲタだったら、その社会に
限って言えば、ヲタ文化がハイカルチャーになります。それだけの概念です。

後は、何を以って富裕層、上流階級、支配層と定義するか、になり、それはまた
別問題になりますが、少なくとも「行為そのものを高尚、低俗に分ける」という
ニュアンスではなく、それを嗜む人的集団の社会的地位を指して「ハイ」と云い、
またそれに挑戦的なものを「カウンターカルチャー」、そしてそのどちらとも違う
派生的なものを「サブ」としたのです。

更に解りやすい例を昨日の思いっきりいいテレビからw

1800年代後半、フランスの絵画は「写実主義」が主流でした。
後に「巨匠」と呼ばれ「印象派」の祖とされるセザンヌは、写実主義的な
絵を書きませんでした。

つまり、その時点では、写実主義が「ハイ」でセザンヌが「カウンター」と言えます。
後にピカソなどセザンヌに追随する人が増え、段々評価が上がりました。
そして現在、「印象派」は画壇の人たちにその価値を認められ「ハイ」として
認識されるようになっています。

同じセザンヌの絵、それ自体が「高尚」か「低俗」か、ではなく、あくまで
それを評価する権力者の集団によって社会的位置付けが決まるのです。

>メディアはヲタ文化排除したいのだろうか
ヲタ叩きが「売れる」から、メディアがそれをやめない、という面もあると思います。
つまり、ヲタ文化を目障りと思っている人がそれだけ多いってことでもあり、
また、ヲタ文化に対する誤った認識が多いということでもあります。

かつてアングラ的なものだったのが、段々露出が増えて行くってのは、
得てしてこういう悲しいことが起きますね orz

長文失礼しました。
2009/01/19(月) 23:22:33 | URL | チャンプ(-O-) #-[ 編集]
>チャンプさん
どもですー

>ハイカルチャーのハイは、必ずしも高尚って意味じゃないのです
言葉自体はそうだと思ってましたよー
教授さんがそのまま言ったのか、記者がまとめる時に勘違いしていじったのか知りませんが
学問的意味合いじゃなくて、あんたらの主観が入ってないかい?ということで書いたのですw

もとの言葉とは明らかに違う意味合いを含んでる書きかたがされてるので^^;

>ヲタ叩きが「売れる」から、メディアがそれをやめない
まあそんなもんですよねぇ。
でも、片方では商業効果があるとして大々的に取り上げたり。見てる人はその辺気づいてるのかしら、とか思います。特に↓の人たちはw

>ヲタ文化を目障りと思っている人
こういう人たちの話を何度も聞きましたが、結果的にそうやって自分の理解できない世界を隔離して蔑むことで、自分が高等であるような錯覚をしているor見せようとしてる人しかいなかったり……
って、これは同じヲタでもそういう人いっぱいいたりするわけですけどねw
2009/01/20(火) 15:33:26 | URL | エンジェル【管理人】 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://angelicarea.blog92.fc2.com/tb.php/19-30a35dba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。